ケーキ作りに大活躍のシリコン型

シリコンウエハーの販売・加工・製造と半導体関連製品のキャノシス株式会社
私は子供の頃からよく、家でおやつを作ったりしていました。
記憶しているのは、クッキーを砕いてお皿にして固めて
クリームチーズのようなのを流しいれて冷やして作ったケーキ。
それがきっかけで色々なお菓子を作ったことがあります。
もちろん今でもお菓子作りは続いていて、休みの日は子供と一緒にお菓子作りを楽しんでいます。
特に娘が今はまっているのがケーキ作りで、今まではステンレス型で作っていましたが
ステンレス型は、やわらかくないし焼きあがったときに型から外すときにきれいに外れなくて
表面がぼろぼろになることもしばしばで、クリームを塗るときにきれいに塗れなくて困っていました。
でも、その後でケーキ材料を買いに行ったときに、シリコンで出来たケーキ道具が売られていて
マドレーヌやケーキのシリコン型が販売されていて買ってみたんです。
早速そのシリコン型でケーキを焼いてみたところ、焼き上がりのスポンジがきれいに外せて上手にケーキを飾ることが出来ました。
子供も上手に作れて上機嫌で、シリコンタイプにしてよかったとおもってます。

シリコンシフォン型の匂いが気になって調べてみた

私はシフォンケーキを食べて以来、自分でシフォンケーキを作ってみたいと思うようになりました。
でもどうやって作ればいいかも分からないし、どの型を使えば作れるのかも知りませんでした。
でも、KAI印のお菓子作りアイテムで、シフォンケーキ型があったのでそれを買って作ってみようと思いました。
でも、シリコンって匂いとかがあってお菓子ににおいがついてしまうのではないかとちょっと心配に。
そこで、シリコンのにおいや食品に匂いが付いたりしないのか調べてみたところ
においを少しでも落として軽減する方法があることを知りました。
それは、レモン汁1/2個分を型にすり込んで刻んだ皮を型に入れてレンジでチンしたりするといったさまざまな匂い取りの方法を知りました。
完全に取り去ることは難しいけど、ある程度取れればそのまま使えるようになるし
いずれ気にならないくらいにまで匂いが落ちるのでやってみるといいかもしれませんね。
他のシリコン製品の匂いも気になるので、これらの方法で落として見たいと思います。

シリコン製のケーキ型は便利ですね

お菓子作りをしていると、型の下準備が大変に思うことがあります。
クッキングシートを敷かないといけなかったり、バターを塗って強力粉をふりかけたりと、型の下準備が一番面倒で大変に思います。
ですが、今までスーパーエンボスの型を使っていたのを、シリコン製のケーキ型にした所、面倒くさい下準備の手間が要らなくなりました。
当時シリコン製のケーキ型は高くてなかなか手が出せませんでしたが、今では100円均一でも見かけるようになり、本当に良い時代になったと思います。
お気に入りのシリコン型は、ミニマフィンが焼けるタイプの型で、生地を入れて焼き、後ろから押せば外れるタイプで、しかも丈夫なのでとっても重宝しています。
次にお気に入りなのが、お弁当に使うシリコンカップです。
マフィンパンにカップを置くだけで、型の下準備が全く要りません。
しかもこちらも型をひっくり返すだけで、生地が外れてくれるので、もうシリコン製の型は手放せません。
温度にも強く、丈夫なシリコン製の道具は、これからも使い続けたいです。